powerd by 楽市360

Top >  トトロ都市伝説

トトロ都市伝説

となりのトトロに関する都市伝説や裏話を紹介しています。トトロ死神説、メイ死亡説、トトロと狭山事件との関連性など背筋も凍るような都市伝説です。

トトロ 都市伝説

ジブリを代表するアニメーション作品「となりのトトロ」には、鳥肌が立つような数多くの都市伝説や裏話があることをご存知でしょうか?その主な都市伝説とは次のようなものです。

トトロ都市伝説

1、トトロは死神、あるいは冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、もしくは既に死んでいる。
2、猫バスは魂を冥界へ運ぶ乗り物。
3、メイは行方不明になったとき、すでに池で水死していていて、物語の後半からメイの影が無くなっている。
4、さつきはメイの魂を救うために、トトロの元へ行き自ら冥界への扉を開けた。

つまり、劇中でさつきとメイは死んでいるという裏設定になっているというものです。そのことを裏付けるのが病院でのラストシーンです。さつきとメイはわざわざ母親に会いに行ったにもかかわらず、母親に逢わずにメッセージ付きのトウモロコシを窓辺に置いているだけです。そして、母親は、さつきとメイが座っているはずの木の方を見て「今あそこでさつきとメイが笑ってたような気がする」と言っています。とても意味深なセリフですね。つまり、母親にはさつきとメイが見えていない。それはすでに二人が死んでいるからなのです。
その他にも、母親が入院している病院のモデルとなった実在の病院は、結核の末期患者が療養する病院なので、母親はその後亡くなってしまう。父親が劇中で書いている原稿は、死んでしまった我が子(さつきとメイ)を題材にした小説で、父親の想像で生まれたお化けが「トトロ」である。となりのトトロは実際に埼玉県(所沢)で起きた「狭山事件」を題材にしている。…などなど数多くの都市伝説噂話があります。

ジブリの公式ブログにも、トトロの都市伝説を聞いたファンからの問い合わせが数多くあると書いてあります(2007年5月1日付)。トトロの都市伝説は、あくまで噂なので真実かどうか定かではありません。しかし、この裏話を聞いたあとで、もう一度「となりのトトロ」を見て下さい。とても単なる噂話とは思えない部分があるのです。

トトロ都市伝説一覧

トトロ 都市伝説

ジブリを代表するアニメーション作品「となりのトトロ」には、鳥肌が立つような数多く...

トトロ 都市伝説の続きを読む>

 |  トップページ  |